日高憲男

SAKURA COMMUNICATIONS
Special lecturer
特別講師

How sweet the sound
Trumpeter
日高憲男
Norio Hidaka

国内でのライブ情報はこちらからLinkIcon


NH.png

トランペッター「日高憲男」の奏でる音は
現代人の心を心地よく弾ませ、魂を揺さぶります。

やわらかな日差しの中のゆりかごにいるような優しさを与え、
人は人とつながっていること、誰もが独りではないことを教え、
全ての人を、あたたかく包み込んでくれます。

古の陽だまりの中にある懐かしさを運び
国境を越える音を持つ地球人
「日高憲男」

彼の持つ壮大な世界観を
  是非、ご体験してください。

お問い合わせは
日高憲男オフィス norion5555@ybb.ne.jp
「日高憲男」ブログへリンクLinkIcon
「日高憲男」CDの購入はこちらからLinkIcon

プロフィール

5歳からクラシックピアノを習い、中学生より吹奏楽部でトランペットを吹く。
18歳で渡米し、シカゴ交響楽団のマーク・ライデナー氏に師事、クラシック音楽を勉強し、
グランドフォークスソロコンテスト優勝など輝かしい成績を残す。

North Western 大学で開催された、PMFオーディションにて、
ぺトルシカのソロを吹き、当時審査員であった指揮者の佐渡裕氏に

「君のようにぺトルシカを吹けるトランペッターは世界中探しても見付からない」

と評される。留学4年目頃からジャズを始める。シカゴ音楽大学を首席で卒業。

後にラムゼイ・ルイス、ジョー・ロバーノ等と共演。
シカゴでの演奏活動を経て、2000年5月に帰国。

2003年12月 1stCD 「Still in my Heart」をリリース

Euro Jazz Festiva l2003に出演し、
カーリン・クロッグ(vo)ウラジミール・シャフラノフ(p) 等と共演し、絶賛される。

2005年、横浜パンパシフィック ジャズコンペティションにて優勝。
審査員の、つのだ☆ひろ、林 まや等に大絶賛される。

北村英治、日野皓正、ジョージ川口、ジミー・スミス、竹下清志等と共演。
メディアの注目を集め始める。

2008年8月 2ndCD 「Nothin’ To Lose For You」をリリース。

岩浪洋三氏に

「日本でもっとも美しい音色を持つトランペッター日高憲男。
柔らかで艶やかな歌声とラッパが細胞に響き渡る・・・」

と評される。

2009年10月 3ndCD 「おぼろ月」をリリース。

現在は日本に拠点を置き、
ヨーロッパでのフェスにも参加するなど、精力的に活動中。




How sweet the sound
That saved a wretch like me.

SAKURA COMUNICATIONS