今や「顧客納得」「顧客満足(CS)」を目指すことはごく普通で当たり前となりました。更に先進的な組織や企業は、「顧客感激」「顧客感動」、そして「顧客狂喜」を目指しています。このような時代には、マナーを学び、マニュアル通りのサービスを徹底することも必要かもしれませんが、「おもてなしの心とスキル」が備わっていることが、お客様に求められてしまいます。

クチコミ全盛の時代において、「おもてなし」は組織の中で限られた優秀な方(たとえばカリスマ女将・カリスマ店員)だけが行えばいいというものではなくなりました。常に「評価」を公開されてしまうという時代ですので、「集団」(企業・店舗・自治体・地域等)で、お客様をおもてなしすることが求めらているのです。

従業員や店舗スタッフのモラルアップによって企業・店舗ブランドが向上し、県外・市外からの訪問者に対する市民の方の接し方がよければ【自治体ブランド】【地域ブランド】が向上します。

私たちは、「おもてなし」講演会・セミナー・研修会を通じて、皆様のことを支援させていただきます。

講演会/セミナー/研修会

全国47都道府県で行わせていただいた「おもてなし」講演セミナーは、受講してくださった方が20万人を超えました。主催者様、受講者様へ心から感謝申し上げます。

『おもてなし』とは?サービスとホスピタリティとの違い

『おもてなし』を行うための3つの心得

『おもてなし』を行い続けるために必要な7つのこと

外国人が来ても大丈夫!世界が賞賛『日本人のおもてなし』3つのこと


このような時は是非!

■自治体様、観光協会様による、誘客活動、地域ブランド力のアップ、地域活性化プロジェクトの際に

■商工会議所様、商工会様が、商売繁盛セミナー・接客力アップセミナーの開催をお考えの際に、並びに商店街の活性化をお考えの際に

■販売員様、接客サービス係様、接遇スタッフ様の接客力の向上・おもてなし力のスキルアップの際に

■営業パーソン、リーダーの育成の際に

■国体・博覧会・イベントの開催が決まり、訪問者が増加することに備える際に

■映画・テレビ番組のロケ地として、観光客が増加することに備える際に

■大型クルーズ船の寄港によりよく対応する際に


業界別のセミナーの様子

下のボタンからご覧ください












おもてなし推進賞の謹呈

『おもてなし推進賞』
『おもてなし特別賞』

おもてなしを一生懸命されているお店・企業・団体・自治体へ敬意の意を表し、『お もてなし推進賞』『おもてなし特別賞』 を謹呈させていただいております。

お店・施設・企業の皆様へ


世界遺産のある熊本天草で 「山の上の食事処 松本」をご主人様と営まれております松本加代子さん。 松本さんご夫婦が作る絶品のお料理と「まごころのおもてなし」に魅せられて、帰りに次の予約を取る方ばかり。それでも、長ければ1年先まで予約が取れない程の超人気店です。「お越し頂いた方の笑顔が見たいから休みが無くても頑張っているんですよ」笑顔でお話しする松本さんご夫婦に心からの敬意を込めて、 私どもは『おもてなし推進賞』を贈ります。

自治体様へ

「おもてなし人財」の育成を積極的に行われていて、次のことを満たしている自治体様へ『おもてなし推進賞』『おもてなし特別賞』を謹呈させていただいております。

①日本のおもてなし力を高めることにつながる人材の育成を積極的に行っていること。一過性ではなく、継続していること。

②推進活動は個人の活動ではなく、組織が一丸となって行っていること。

福岡県 柳川市
金子市長

柳川市では金子市長が掲げる「おもてなしの心 日本一」を目指した取り組みに沿って、2013年から2015年にわたり、全職員の皆様におもてなし教育を行われました。このように、日本のおもてなし力を高めることにつながる人材の育成を積極的に行われていることへ敬意の意を表し、「おもてなし推進特別賞」をお贈りさせていただきました。柳川市役所で行われました贈呈式には金子市長がご出席され、記念の盾をお受け取りくださりました。当日の様子はNHKテレビのニュースで全国放送されました。【2017.6.23】

 

三重県 明和町
中井町長

日本遺産のまち「明和町」では、中井町長のもとで、2016年から2018年にわたり、職員・住人の皆様へ向けたおもてなし教育を行われました。その結果、住人の皆様のおもてなし意識が高まりをみせ、自発的に観光ボランティアガイドに応募される方が増加しました。このように、日本のおもてなし力を高めることにつながる人材の育成を積極的に行われていることへ敬意の意を表し、「おもてなし推進特別賞」をお贈りさせていただきました。明和町役場で行われました贈呈式には、中井町長がご出席され、記念の盾をお受け取りくださりました。【2018.5.15】

 

鳥取県鳥取市
深澤市長

鳥取市では2014年から2017年にわたり、市民の皆様へ向けたおもてなしセミナーを開催されました。その合計時間は500時間を超えており、このように、日本のおもてなし力を高めることにつながる人材の育成を積極的に行われていることへ敬意の意を表し、「おもてなし推進特別賞」をお贈りさせていただきました。鳥取市役所で行われました贈呈式には深澤市長がご出席され、記念の盾をお受け取りくださりました。【2017.4.8】


長野県松川町
深津町長

松川町では深津町長が掲げる「松川町に住んで良かった」と実感できる魅力ある町づくりを目指した町政のもと、2014年に町営施設「信州まつかわ温泉 清流苑」の全従業員おもてなし研修からスタートして4年間、松川町町長以下役場全職員の皆様に向けたおもてなし教育を行われました。このように、日本のおもてなし力を高めることにつながる人材の育成を積極的に行われていることへ敬意の意を表し、「おもてなし推進特別賞」をお贈りさせていただきました。松川町役場で行われました贈呈式には深津町長、吉沢副町長がご出席され、記念の盾をお受け取りくださりました。【2018.4.3】

 

鹿児島県 肝付町
永野町長

肝付町では、永野町長のもとで「地域が一体となって支え合う健やかで安心なまちづくり」「生きがいと心豊かな人材、伝統と文化を育むまちづくり」を町政として進めており、2012年から2017年にわたり、肝付町観光協会が住人の皆様へ向けたおもてなし教育を「観光おもてなし講座」の中で行われました。更には2018年には肝付町職員150名の皆さんが「おもてなしセミナー」を熱心に受講されました。このように、日本のおもてなし力が高まることにつながる人材の育成を積極的に行われていることへ敬意の意を表し、「おもてなし推進特別賞」をお贈りさせていただきました。永野町長、福元副町長がご出席してくださり、記念の盾をお受け取りくださりました。【2018.10.11】



何らかのアクシデントでメールフォームが起動されない場合、弊社にメールが届かない場合がございます。その場合は、お手数をおかけして申し訳ございませんが、下記アドレスへご一報いただければ幸いです。また、お問い合わせ後、2日が過ぎても弊社からご連絡が届かない際は、大変申し訳ございませんが下記までお電話いただけますようにお願い申し上げます。

info@com-sakura.jp
お電話 03-5608-8777
受付時間:平日10時~16時